料理

妊婦さん必見!夏バテ解消しそジュースの効能と作り方

まだまだ暑い夏、さっぱりしたものが飲みたい・・・

体にいい、美味しい飲み物ないかな・・・

よく実家で飲んだ、あの赤いジュースはどうだろう!?

 

こんにちは、ライターの つみき です。

9月に入っても暑くなりそうな天気予報ですが、
毎回麦茶では、そろそろ飽きてしまいますよね。

特に妊婦さんは、アルコールやカフェインを控えないといけません。

すると、飲めるものが少ない・・・

でも、麦茶はもう飽きちゃった・・・

ここで!「しそジュース」はいかがでしょうか!

私のおばあちゃんも作っていて、
夏になるとお母さんと奪い合って飲んでいたことを思い出します。

美味しいだけじゃなくて、栄養も満点なんですよ♪

このしそジュース、チャレンジしてみませんか?

自家製しそジュース作ってみませんか?

しそジュースの効能と、作り方をご紹介します!

しそジュースって何?

そもそも、しそジュースを知ってる人も知らない人も、
改めてしそジュースがどんなものか、おさらいしましょう。

「しそ」というと、最初に思いつくのは、
お刺身やおそばなどの薬味に添えられる、緑の紫蘇ですかね。

しそジュースに使うしそは、赤紫蘇です。

梅干に葉っぱがついているもの、見たことありませんか?
あの葉っぱも、赤しそ。

この赤しそでジュースを作ると、
見事に色鮮やかな、赤ピンク色のジュースが出来上がります。

最後に作り方も紹介しますが、味は爽やかな甘酸っぱい口あたり。

この赤しその旬は、6~7月と言われていて、
スーパーなどに売られる時期も、この2か月くらいなんです。

この時期に赤しそを買ってしそジュースを作れば、
栄養も水分も補給出来て、元気に夏を乗り切れる!

今年は旬が終わってしまっているので、チャレンジできないかもしれませんが、
しそジュースとして売っているものもありますので、
残りの夏を乗り切るために、飲んでみては?

しそジュースは妊婦さんにもおススメ!

しそジュースは、妊娠中でも飲むことが出来るジュースです。

むしろ、妊娠中には積極的に摂りたい、葉酸が含まれています!

ですが、しそジュースには砂糖が多く使われるので、
飲みすぎと糖分の摂りすぎには注意です。

しそジュースには、葉酸が含まれるだけでなく、
多くの効能が期待されるジュースです。

しそジュースを飲むと、こんな効能が!

葉酸が含まれている飲み物、というだけで嬉しい情報ですが、
他にも期待される効能が多くあります。

しそジュースの効能

・アレルギー症状が軽減される

・食欲が増進される

・血液がサラサラになる

・ストレスが軽減される

・疲労回復する

・むくみが軽減される

・ダイエット効果がある

この他にも効能が期待されるしそジュースですが、
それだけ多くの栄養が含まれている、ということです。

この中から、いくつか解説します。

アレルギー症状が軽減される

しそジュースには、花粉症やアトピー、ぜんそくなどのアレルギー症状に有効な、
αリノレン酸が含まれています。

このαリノレン酸には、アレルギー症状を引き起こす要因となるものを
抑制する効果があるので、毎日続けて飲んでいくことで、
アレルギー体質が改善されると言われています。

また、ルテオリンという成分がヒスタミンの発生を抑制することでも、
アレルギー症状を緩和されると言われます。

食欲を高めて、夏バテ防止

紫蘇って、爽やかな香りがいいですよね♪

この香りは、ペリアルデヒドという芳香成分なんです。

この香りはジュースにしても存分に感じられて、
食欲増進につながります。

また、しそジュースを作るときに、クエン酸やお酢を使います。
これらの酸味によって、食欲が刺激されます。

むくみ解消

しそには、多くのカリウムが含まれています。

カリウムは、塩分であるナトリウムを体の外に出す効果があるので、
むくみの解消に一役買ってくれます。

むくみが少しでも解消されれば、
足が軽くなって、だるさも軽減されそうです。

もう一度言いますが、飲みすぎは厳禁です。

栄養も満点ですが、砂糖も満点なので、
一度に大量に飲んだりしないように、気をつけましょう。

自家製のしそジュースを作ってみよう♪

しそジュースは体に嬉しい、ということが分かったところで、
しそジュースの作り方を見ていきましょう♪

分かりやすい動画をいくつかご紹介します。

農家直伝!赤しそジュースの作り方

 

【材料】(1.8リットル分)

赤しそ2束(500g)

お酢またはレモン(150~200cc、お好みで増やしてもOK)

氷砂糖(400~500g、お好みで増減してOK)

水(2リットル)

明るい曲の中で、字幕で作り方が進んでいきます。

材料もベーシックなもので、最初に手を付けやすいレシピです。

約2分の短い動画ですが、解説が丁寧で、
実際に作っている様子を見ながら、マネして作れそうです。

最初に作るとちょっと悩みそうなポイントを解説してもらえるし、
作っているうちにどう変化していくか、というところも
とってもわかりやすい動画です。

丁寧な赤紫蘇ジュースのつくりかた

【材料】

水(2リットル)

赤しそ(葉の部分で500g)

上白糖(1kg)

酢(50cc)

クエン酸(大さじ2)

こちらは、字幕でも声でも解説してくれます。

約6分30秒の動画で、
作業工程を一つ一つ丁寧に、ポイントとともに教えてくれます。

その作業工程も、1つ目よりも丁寧に行っている感じがします。

1つ目が雑、というわけではありませんが、
特に丁寧に作りたい、という時は、こちらの動画をオススメします。

最後の飲み方も、見た目だけでなく、氷の音が涼しげで最高です。

保存期間は約1年?!赤紫蘇で手作りジュース(シロップ)

【材料】

赤しその葉(200g)

上白糖(800g)

水(1.5リットル)

クエン酸(大さじ2)

こちらは、完成の量がちょっと少なめになるレシピ。

赤しその葉は量は200gでいいので、
失敗するとあれだし、ちょっとの量から・・・
という方にオススメのレシピです。

字幕は少なめですが、アナウンサーの方の動画なので、
おしゃべりがとっても聞きやすくて、心地がいいです。

この動画では30分ほどしっかり煮詰めているので、
ちゃんと保存すれば約1年持つそうです。

最後に、おすすめの飲み方も紹介してくれるので、
その飲み方までマネしたくなっちゃいます。

早くしそジュースを飲みたい!

作り方の動画を見ていると、
すぐにマネしたくなってきますよ♪

近所に赤紫蘇売ってるかな・・・
買い物に行くときに探してみようと思います。

今年はできなくても、
しそジュース美味しかったな、と毎年の夏に思い出すので、
来年こそ、自家製しそジュースを作ってみたいと思いました。

赤しそのドリンクやシロップは、通販サイトでも買うことが出来るので、
探してみてはいかがでしょうか?

0