help

誰でも分かるふるさと納税の仕組みを解説!初心者におすすめのサイト3つ

みかんが美味しい季節になりましたね!!
僕の地方はみかんが有名でして、
毎年この時期が来るのを心から楽しみにしています。

話が脱線してしまいました。
僕の悪いクセです。すいません。

今日は、年末が近づいているという事で、
日本に住んでいる全国民の方におすすめしている
ふるさと納税についてお話したいと思います。

表現がいささか大袈裟かも知れません、
だがしかし僕は本当に心からおすすめしている制度なのです。

今日は、

  • いまさら聞けないふるさと納税
  • ふるさと納税をおすすめする理由とは?
  • ふるさと納税で一番の注意点とは?
  • サイトってどこがいいの?

4つのポイントで解説します。

ふるさと納税については、
前回の保険料控除の内容にも通じる所があるので、
もしお時間あるようでしたらご覧頂くと、
よりふるさと納税についての理解が速いと思います。

前回見て頂いた方は復習になると思います。

お金の勉強は、積み重ねが大事です。
今日もまたお金について学んでいきましょう!

いまさら聞けないふるさと納税

ふるさと納税って
どういうものか知っていますか?

僕の周りの友人も
名前は聞いたことあるけど
ふるさと納税ってやった方がいいの?と
言われる事があります。

そんな時に僕はこういう形で
伝える事が多いです。

もし、目の前に〇〇が落ちていたら?
もし、目の前にお金が落ちていたら拾いますか?

拾った後の行動はその人にお任せします。

1円なら拾わない人がいるかも知れません、
100円でも拾わない人もいることでしょう。

では、10000円ならどうですか?
多くの人が拾うのではないでしょうか?

少なくとも僕は
確実に絶対に100000%拾います。

あなたはどうですか?

もし、お金を拾うと思ったあなたは
ぜひふるさと納税をして下さい。

ふるさと納税の素質があります。

要するに、

ふるさと納税は少し面倒だけど
絶対に必ずメリットがある
、そんな制度です。

ふるさと納税の仕組みは?

さて、そんなふるさと納税ですが
どんな制度なのでしょうか?

簡潔にいうと、

地方自治体に寄付をしたら、
お礼に品物をもらう制度です。

ふるさと納税のふるさとが地方自治体で、
納税とはなにかというと自治体への寄付が
それに当たります。

言ってる意味がよくわかりませんね?

少し深く掘り下げてみましょう。

寄付?納税?

ふるさと納税でなぜ寄付を使ったのか?

もちろん理由があります。

地方自治体に寄付をして、
お礼に品物をもらうというのが
ふるさと納税の大まかな流れとなります。

これだと、お店でモノを買う事と同じで
正直メリットがないように感じますね?

ところが、ふるさと納税の最大のメリットは
自治体に寄付をしたお金の全額が戻ってくること!

全額ですよ!(実際は2000円の自己負担があります)

すごくないですか?

寄付をしたらお礼の品物をもらい、
さらに寄付したお金が全額戻ってくるんですよ。

衝撃すぎて、同じ事2回も書いてしまいました。

これこそふるさと納税を
おすすめできる最大の理由がここです。

そして、お金が戻ってくるとはどういうことなのか?

実際、具体例を出してみましょう。

ふるさと納税の具体例〜初めて物語〜

友人からふるさと納税のことを
聞いてやってみようと決意した
T市にお住まいのHさん。

年末の休みに奥様の好きな蟹を
返礼品にしようとしています。

サイトで探した所、
W市にふるさと納税をしようと思っている。

友人から納税する金額は年収、
家族構成で変わるから調べた方がいいよと
アドバイスがあり、

シミュレーションのサイトで

「年収500万円、
妻(会社員)、長男、次男」で調べた所、
610000円まで控除できることが判明したので、
蟹で有名なW市に61000円寄付を行った。

寄付をして返礼品を受け取る流れは
もうお分かりかと思います。

次に、お金が戻るとは何なのか?を
解説します。

このHさんのケースでは、
61000円寄付をしています。

この61000円がどうなるかというと、
皆さんの来年の市民税・県民税
(以降住民税とします)が引かれます。

これだけだと
意味がわからないかもしれないので

もう少しだけ掘り下げて解説していきましょう。

ふるさと納税とは?

市民税・県民税といっても
よく分からないですよね?

会社員の方は給与明細に記載があります。
興味があったら確認してみてください。

この税金は1年間の所得で決定します。
そして決定した税金は
翌年の6月から支払いが始まります。

会社員の方は、税金を12で割った金額が
給与明細から引かれています。

個人事業主の方は、
一括または分割の選択することとなります。

ふるさと納税の寄付金全額が
来年の6月からの住民税から控除されます。

これを寄附金控除と言います。

前回は生命保険料控除でしたが
覚えていますか?

そして、寄附金控除の最大のメリットが
税額控除となっていて税金から
寄附金を控除してくれます。

生命保険料控除は所得控除となっていて、
同じ控除でも効果が全く違います。

なんとなくですが、
税額控除の方が所得控除より
効果が高いと覚えてください。

では上記のケースで来年どうなるか?
というと、61000円を寄付したということで、

来年6月からの住民税に61000円から
2000円(自己負担額)を引いた59000円を
12ヶ月で割った金額が控除されることになります。

税金の先払いみたいなイメージを持ってください。

最大の注意点とは?

ここまではふるさと納税のいい所ばかりを
お伝えしましたが、

ここからは注意点を2つお伝えします。

1、寄附金額を必ずシミュレーションサイトで確認

寄附金額を必ず
シミュレーションサイトで確認する事です。

これはかなり大事なことで確認せずに
やってしまうと本当にただの寄付に終わります。

例えると、定価1000円の蟹を10000円で
買ってしまったみたいな事が発生します。

なので、事前にご自身の年収、
家族構成でいくらまで寄付できるのかを
予め調べてください。

2、控除を受けるためには自分で書類の対応が必要

心配する必要はありません。
全く難しくありません。

ただ、対応しないと自治体に
寄付をしただけで終わってしまいます。

必ず対応して下さい。

そしてご自身の状況により、
大きく2種類の対応に分かれると思います。

個人事業主、会社員で自宅の住宅ローン控除等で
申請される方は確定申告をすると思うので、
自治体から送付される寄附金の証明書を
元に申告して下さい。

もう一つは、会社員の方で
確定申告をしない方です。

ふるさと納税のために、
確定申告をしないといけませんが、
ふるさと納税のためだけに
確定申告をするのも物凄く面倒です。

そんな方のための制度があります。
それがワンストップ特例制度です。

といっても難しい事はありません。

ふるさと納税申請時、
ワンストップ特例制度を申請して頂き、
封筒で書類が届くので記入して
返送すれば終わりです。

サイトの違いは?

ふるさと納税のサイトはたくさんあります。
何を基準にするのかは人によってそれぞれですが、
僕は楽天でふるさと納税をしています。

どうしてかというと、
以下のポイントで決めています。

  • 返礼品の内容
  • 還元率
  • それ以外のメリット

僕の場合で言えば、
妻が蟹が好きという事が最重要なので
内容はすぐ決まりました。

次に重要なのが、
僕はすべてのサービスを楽天でまとめていて、
楽天でふるさと納税をする事で
ポイントを受け取ったりだとか
他に付随するメリットで決めています。

皆さんの優先事項が何か?を考えて
決めるといいと思います。

ちなみにふるさと納税サイトは12あり、
それぞれ特徴が違います。

その中で、僕のおすすめサイト
3つ紹介したいと思います。

サイト名 楽天ふるさと納税 さとふる ふるなび
返礼品数 292438 331067 242860
ポイント還元 最大30% 最大15% 最大12%
特徴
  • 楽天会員は登録不要
  • 楽天カードユーザは3〜30%還元
  • オリジナルの返礼品がある
  • ソフトバンクユーザはpaypay祭りでMAX15%還元
  • 家電が豊富

ポイントの還元率を重視してもいいですし、
返礼品重視でも、はたまた
返礼品の還元率を最も重視しても構いません。

自分のライフスタイルに合わせて
選んでみてはどうでしょうか?

結局、ふるさと納税とは?

最後にまとめると、
ふるさと納税は他の自治体に税金を払って、
お礼に物品がもらえるすごい制度です。

自己負担2000円で物品が
もらえるからお得です!!

もし、2000円で腹いっぱいの蟹が
食べれれたらどう思いますか?

ラッキーと思うでしょう。

それを実現できるのがふるさと納税です。

すごくいい制度ですので、
ふるさと納税の名前だけ知っている人は
ぜひ今年はやってみてください。

微差は大差という言葉があるように、
コツコツ積み重ねていくと知らない間に
大きくなる事があります。

資産形成はまさにこの考えが大事です。

みなさまのきっかけとなれたら幸いです。

本日もありがとうございました。

0