未分類

ちょっとのコツで長生きする!カブトムシの飼い方とは?!【グッズも紹介します】

ブトムシから少年としての第一歩が始まる。
くつになっても男子はカブトムシが好きなんだ!!

こんにちは!ライターのかみひさです。

小学生の男の子を持つ家庭なら1度くらいはカブトムシをおねだりされたことが、あるのではないでしょうか?
学校では持っているだけでヒーローになるほど人気の昆虫のようです。
そんなカブトムシですが、飼育は比較的に簡単な部類に入り、初めての方でも簡単に飼ってみることができる昆虫の1つです。

今回は、カブトムシを長生きさせるコツ飼うために必要なグッズをご紹介させていただきます。

カブトムシを育てる時のポイント

カブトムシの成体の寿命は、野外で1~2か月、飼育下で丁寧に育てても2~3か月です。成体は越冬をしないため、幼虫の期間から考えると約1年の寿命になります。
せっかく飼うのですから丁寧に育てて長生きしてもらいたいですよね。

そこで、まずは飼育するにあったてのポイント3点ご紹介します。

温度管理

カブトムシ=夏というイメージがあり、暑さに強そうに思えますが、実際カブトムシは高温と寒さともにとても弱い生き物です。夏場は直射日光に当たることは避けて日陰で管理するといいでしょう。

その中でも、もっとも大切なのはこの時期の暑さ対策!!我々人間も熱中症があるみたいに、カブトムシの体感温度を下げてあげることで、長生きすることが出来ます。
(人間の体感温度とは少し異なりますが。。)

エアコンの部屋においてあげたり、扇風機で風邪を送る。
または、保冷剤や、凍ったペットボトルを飼育ケースに入れておき、熱がこもらない環境づくりをしてあげましょう。

転倒に注意

実は、カブトムシにとっては非常事態なんです。(大変なこっちゃーーーーーー(・・;))

自然で生活しているカブトムシの外敵はイタチやカラスなどです。
そんな外敵の恰好の的になってしまうので起き上がろうと必死にもがきます

この「もがく」という行為が非常に体力を消耗し、
そのまま起き上がれないと最悪、死んでしまうこともあります。

勝手に起き上がれるだろうなんて軽い気持ちで思うかもしれませんが、
カブトムシにとっては結構辛いことなので、転倒していところを見かけたら、
すぐに起こしてあげましょう!

僕たちは喋れないんだ、、見かけたら起こしてねm(__)mBYカブトムシくん

1つの飼育ケースに複数のカブトムシを入れない

カブトムシは限られた空間の中で複数匹の個体がいるとけんかが始まってしまいます。
けんかの原因はエサの取り合いや、雌の取り合いです。

けんかはカブトムシの寿命を縮めてしまう行為なので極力避けましょう。もしたくさんの個体を買う場合は大きめのケースに入れて飼育することをオススメします。


カブトムシを長生きさせるためには


温度環境を整えること


転倒させたままにしないこと


ケンカなどによるストレスを与えないこと

を意識しましょう!

カブトムシの飼育に必要なグッズ

飼育ケース

飼育ケースはSSサイズ~Lサイズまで様々な種類があります。
もちろん何匹飼うかなどによりますが、飼育ケースのサイズは大きいことに越したことはありません。
ただ大きすぎても飼育の手間がかかるので1、2匹であれば
Sサイズ~Mサイズあたりがオススメです。

カブトムシ用マット

飼育ケースの下に敷くものです。
種類はさまざまですが初めての方には管理のしやすい埋め込み式マットがおすすめです。
埋め込み式マットとは広葉樹や針葉樹を砕いたものでコバエなどを抑制してくれる効果があり、カビも発生しにくくなっています。

とまり木や木材チップ

マットの上に置く転倒防止用の木おがくずなどを用意しましょう。
転倒してしまった際に足を引っかけられるようなものなら何でも大丈夫です。

エサ

バナナリンゴなどのフルーツをエサとして利用することができます、バナナリンゴは栄養価がとても高く良質なエサといえます。しかしフルーツにはNGなものもあり、スイカメロンなどは水分が多く飼育環境の悪化下痢原因になってしまいます。
そしてフルーツ全般に言えるのが、腐りやすいということ。私も小さいころ、虫かごにフルーツを入れっぱなしにして腐らせてしまった事があり、その臭いはトラウマレベルですのでご注意ください(笑)

今はそんなフルーツ欠点を防ぐために作られた昆虫ゼリーというものがあるので、初めての方はこちらをオススメします。

霧吹き

霧吹き土の乾燥を防ぎつつ、ケース内の温度を下げる役目があります。
土を見て乾燥していれば霧吹きをしてあげましょう。
全体にまんべんなく同じ個所に4回ほどすると良いでしょう。
濡らし過ぎるとカビが生えたりするので注意してください。

以上5点を揃えておけば初めての方でもすぐにでも始められます。
今では、100均全て揃うというお手軽さ

カブトムシの飼い方

飼育ケースのレイアウト

  1. まずカブトムシ用のマットをカブトムシが潜れるぐらい深さになるように飼育ケースに入れます。
  2. その上におがくずを敷きます。
  3. 転倒防止用の木を置き、カブトムシは何かにつかまっていると落ち着くそうなのでお好みで止まり木を用意してあげるといいでしょう。

世話の仕方

カブトムシの飼い方はとても簡単で、主にエサ切れに気をつけること土が乾燥していれば霧吹きをしてあげることです。
ゲージ内の温度環境はカブトムシの寿命に関わってくるので霧吹きは必ず毎日してあげましょう。

マットの交換

基本的にはマットを交換する必要はありませんが、エサやおっしこの関係で日がたつにつれて臭いが出てきます。
もし臭いがあまりにもひどい場合はマット内の環境があまりよくない可能性があるので、こういう場合のみ交換してあげましょう
しかし、マット交換はカブトムシにストレスを与えてしまうため、頻繁に変えるのは逆に寿命を短くしてしまいます。
つがいで飼っている場合は産卵している場合もあるので、うかつにマットを交換するのはやめた方がいいでしょう。

まとめ

今回は

長生きするコツ飼うために必要なグッズ

をご紹介させていただきました。

夏の期間だけ成虫として活動するカブトムシを通じて、命の尊さ生き物の世話などをお子さんに学ばせるにはとてもいい教材だと思います。
つがいで上手に幼虫の段階から1年中、観察することも出来ます。

ただ虫嫌いなママさんにとっては、なかなか気の乗らないことかも知れませんが、お子さんに「飼ってみたい!」とおねだりされたら、お子さんの為と思ってぜひ協力してあげてくださいね♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

+2