子ども

泣ける映画って知ってた? クレヨンしんちゃんの感動名場面9選

お茶の間アニメの代表、
クレヨンしんちゃん。

1992年のTVアニメ放送開始から
もう30年も続いているってご存知でしたか?!

映画は1993年からずっと、
必ず年に1度公開されているんですって。

すごいですね~!

映画はやっているのは知っていても
観たことないわ~
って今思ったそんなあなたに!

映画クレヨンしんちゃんの魅力をお伝えしたいです!

 

おバカでお下品なだけじゃないの?
って私も最初は思っていました。
だからこそお伝えしたい!

クレヨンしんちゃんはおもしろいんです!

そして大人だからこそ
涙が出るほど感動するくらいの
名作なんですよ~
(ちなみに私は映画ならドラえもんより良いと思う)

 

そんな映画クレヨンしんちゃんの数ある名場面の中から
私がとくべつに感動したシーンを
最新5作の中から厳選してご紹介しちゃいます♪

 

みさえが熱く伝えた!母親みんなの思い

 

「子どものピンチに駆けつけない親が
どこにいるってのよ!
親にとって子どもっていうのは自分以上なの!
そこんとこわかってんの?!」

「ワガママばっかり言うんじゃない!
優しくしてくれるパパばっかりに甘えんな!

好きで嫌われ役やってんじゃないわよ。
嫌われたっていいから自分の子どもを守りたいだけ!

あんたたち子どもにはわからないでしょうけどね、
それが母親ってものなの!

 

2016年に公開された24作目の映画
『爆睡!ユメミーワールド大突撃』での
みさえの名言名シーン。

全世界の母親が共感するんじゃないかと思うくらい
お母さんの子どもへの思いを
代弁してくれていますよね!

優しいばかりが親じゃない。
親だから、子どものためには
心を鬼にすることだってあるんです。
それが母親。

感動ですよね~

 

『ユメミーワールド』あらすじ

町全体で共通の夢を見るという妙な現象をきっかけに
町中の人間が悪夢症候群に陥っていく。

謎の転校生サキをカスカベ防衛隊に誘った
しんのすけたちだが、
悪夢とサキが無関係ではないと気付き
サキを救うために夢の世界で戦いを繰り広げる。

 

この作品では、
「子を思う親心」にスポットが当たっていました。

世界を敵に回しても構わないくらいの親の思いも
やり方、伝え方が何より大事だよね、ということを
言われているようでした。

 

映画クレヨンしんちゃんの最大の魅力は
しんのすけの両親、
みさえとひろしの愛情の深さ
だと思っています。

親から子への愛、
子から親への愛
父親の家族への愛、
夫婦の愛…

どの映画を観ても愛に溢れた野原ファミリー。
その言葉にいつも胸が熱くなります。

 

みさえの夫婦愛としんのすけの親子愛にウルウル

中でも強い夫婦愛にグッとくる作品といえば
これがいちばん!

2019年公開の27作目
『新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』

 

あらすじ

オーストラリアに家族で新婚旅行に来た野原家。
伝説の宝物のために謎の仮面族に
さらわれたひろしを取り戻すため
偶然出会ったトレジャーハンター、ジュンコとともに
ひろしの結婚式に乗り込み、
悪戦苦闘するしんのすけとみさえ。

すれ違いでケンカしてしまったひろしとみさえに
もどかしさや共感すら感じてしまいますが、

その後お互いを思うまっすぐな愛情と行動に、
「二人だけの関係」を超えた
「家族の絆」への深まりが感じられるんです。

それが、みさえの

「たった1年…。わたしたちが過ごした時間と
これから過ごす時間はそんなもんじゃないから!
それを簡単に諦められるわけないでしょ!」

という一言に詰まっています。

 

みさえはそんなふうに、

同行していた不運続きのジュンコが
何かあるとすぐに「ぜったい無理」と
諦めの言葉を吐くそばで

いつも無理だとは言わず、
決して諦めませんでした。

でも、そのみさえがたった一つだけ
「それだけはぜったい無理!」
と言ったことがあるんです。

それが、
ひろし一人を残して春日部に帰ること。

泣けちゃいますよね。

ぜったいにひろしを連れて帰るため、
しんのすけに「ひまをお守りしてて」と
二人を置いて一人で行こうとするみさえに、

「じゃあ、母ちゃんは誰がお守りするの?」
と言ったしんのすけ。
私はここで涙腺が崩壊しました。

(出展:Twitter)

しんちゃんかっこよすぎるやろ…

 

家族はおれが守る!ひろしの神髄!

(出展:Twitter)

「おれは、たとえ子どもになっても
家族はおれが守る!!」

このシーンは2017年公開、25作目の
『襲来!!宇宙人シリリ』での1コマ。

宇宙人の攻撃で25才若返ってしまったひろしとみさえ。
子どもの姿をしていても、
家族を思う気持ちも行動も変わらない。

みさえばかり褒めちぎっていましたが
ひろしの家族愛だって宇宙レベルの大きさです!

ぜんぶじゃないかな?って思うほど
どの作品でも

「家族はおれが守る!」

と体を張って盾になるひろし。

こんなお父さんの姿、
普通じゃ見られませんよね。

 

でも本当は、
お父さんたち誰もがみんな
ひろしみたいにかっこよく

「家族を守る」

って言いたいんじゃないのかな~?

なんて期待を込めて(笑)

 

『襲来!宇宙人シリリ』あらすじ

ある夜とつぜん現れた宇宙人シリリ。
人を若返らせる攻撃で
ひろしとみさえを子どもに。

二人を大人に戻す代わりに
九州にいるシリリの父親の所に連れて行く
と交渉成立した、シリリとの珍道中。
迷子あり、追手あり、拉致あり、
その中で芽生えたシリリとしんのすけの友情。

やっと出会えた父親から聞かされた
衝撃の真実とは…

 

仲間を助ける熱い友情に涙

 

去年2020年に公開された29作目
『激突! ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』
から。

しんのすけがミラクルクレヨンで描いて
出現したニセナナコとブリーフくんとの心の絆。

ラストの方で、ニセナナコとブリーフくんが
体を張って仲間を助けるシーンが
いちばん涙を誘う。。(/_;)

身を投げ出してでも力になりたい!
助けたい!という思いが切なくて
胸に刺さるんですよね~

ぜひ本編を観てみてほしいです!

仲間を信じる思いもどこまでもピュアで深くて
ぶりぶりざえもんもカスカベ防衛隊のみんなも
そんなしんのすけだから
協力したくなっちゃうんですよね~。

ツンデレカザマくんも、
本当はしんのすけが大好きで
カスカベ防衛隊のここぞという時に
めちゃくちゃかっこいいリーダーシップを発揮します!

 

『激突! ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』あらすじ

落書きをエネルギーとして空に浮かぶ世界
「ラクガキングダム」が春日部を襲撃。
子どもたちを捕獲し強制的に落書きをさせ、
大人たちはミラクルカメラで壁に貼り付けられる。

描くものが実体化するミラクルクレヨンを
託されたしんのすけは、
それで描いた仲間たちと
春日部を守るため行動を起こす。
人々は助け出せたものの、
さらなる町の大ピンチが…

 

壮大な展開を繰り広げる、
ファンタジーなんだけどリアリティのある怖い世界。
ちょっと想像できちゃう、ありそう、みたいな。
クレヨンしんちゃんにしてはちょっと深刻な。

それを救う勇者たち。
細かくツッコめばいろいろあるんでしょうが、
一緒になって一生懸命応援してしまいます。

それだけ、しんのすけたちが必死だから。
ノリノリで軽~く向かっていくんですけどね!

 

しんのすけかっこいい!

しんのすけってノーテンキなんだけど、
じつはめちゃくちゃ男気があって、
心がイケメン。

ピンチでも決して深刻にならない肝っ玉の大きさ。

友だちや仲間を絶対に裏切らないんです。
春日部という町も大事にしていて、
町のピンチに何度も立ち上がっています。
パパひろしとそっくりですよね。

『ラクガキングダム』では
パニックになった町で、自分のできることを
一生懸命、しかも楽しんでやって。
ほんと大物。

『ユメミーワールド』では
サキを心配して
「サキちゃんがまた一人ぼっちになっちゃうから
オラがサキちゃんの夢をお助けするゾ」
とたった一人で寄り添ってあげる。

そんなしんちゃんをひろしも信頼していて、
『襲来!宇宙人シリリ』
ひろしが宇宙人にタンカを切った時の名シーン。

「ちょっとおバカだけど、
しんのすけはおれたちの最高の息子だ!」

「しんのすけ、みさえとひまわりを連れて逃げろ。
おまえならできる!」

父親にそれだけ信頼を寄せられたら
嬉しいですよね。

ひろしは子育ても上手~!

思わず噴いた、数々のおふざけ


(出展:楽天Infoseekニュース)

 

その①

2015年公開、23作目
『オラの引越し物語 サボテン大襲撃』
人食いサボテンに食べられそうになったひろし。

ひろし「足がクサくて助かったぜ」

みさえ「ホントね」

どこまで本気なのかわからない(笑)

 

その②

『爆盛!カンフーボーイズ〜拉麺大乱〜』

プニプニ拳の師匠が悪玉に突かれたのが
「パンツー〇見え」しか喋れなくなる秘孔(笑)
師匠の声は関根勤さん!
めちゃめちゃ楽しそうに演じられています(笑)

 

その③

『襲来!宇宙人シリリ』

しんのすけがシリリを隠したお尻を見せろと言われて

「男には出すに出せない尻もある」

wwwwww

 

書ききれないくらいのお笑い満載。
シリアスなシーンでボケてきます!
映画の4分の3くらいは笑ってると思います!

クセになります(笑)

クレヨンしんちゃんはホント元気になる~♪

 

クレヨンしんちゃんの一番大事なテーマはこれ

 

2018年公開の26作目、
『爆盛!カンフーボーイズ〜拉麺大乱〜』

あらすじ

弱虫のマサオくんが強くなるために始めた
ぷにぷに拳を、カスカベ防衛隊のみんなで
一緒に学び始める。
町ではブラックパンダラーメンが大流行。
やみつきになるというラーメンだが
それを食べた人たちは目の周りが黒くなり
狂暴化する。そんなブラックパンダラーメンに
侵された人たちでいっぱいになった町を
救うためにカスカベ防衛隊のみんなと
ぷにぷに拳の姉弟子ランが立ち上がる。

ぷにぷに拳は、
カンフーで世界に平和をもたらすために
編み出された拳法。

その神髄が
「やわらかきは平和をもたらす」
というもの。

 

ぷにぷに拳の心、

トゲトゲやガチガチにならず
常に ぷにぷにの心であれ

人は柔らかい心を持って
己のことばかり考えずに
他人と繋がって生きるべし

 

これこそ、クレヨンしんちゃんの極意。
柔らかい心をもって
人に優しく。

柔らかい心って、子どもの心。

クレヨンしんちゃんでは一貫して
「子ども心」を大事にしているんですよね。

『宇宙人シリリ』での
「大人は危険、子どもは安全」という思考もそう、

『ユメミーワールド』では
子どもの夢はエネルギーいっぱいで
大人の夢は役に立たなかったり

『ラクガキングダム』では
自由で楽しいラクガキこそが
エネルギーに溢れていたり

型にはまらない、
子どもの心のやわらかさのパワーこそが
何よりも強いんですよね!

クレヨンしんちゃんを観れば
そんな子ども心を取り戻して
もっと元気になりそうです!

 

まとめ

映画クレヨンしんちゃんで描かれている大切なもの。
親子愛、家族愛、夫婦愛、
友情、笑い、子ども心…

あれ?生きていくのに大事なことばかりかも?

だからハマるんですね~!

 

今年2021年には、第30作目となる
「謎メキ!花の天カス学園」が公開予定!

 

楽しみですね♪
本来なら4月23日に公開予定でしたが
コロナウイルス緊急事態宣言により公開延期となり、

まだ公開日は決まっていないのですが…
過去の映画を観て待っていましょうー!

+1