スキルアップ

アパレルで働きたい人必見!業界あるある知っておきたいプラス面マイナス点!

こんにちは!ライターのyukaです♪

今回は、20歳からアパレル会社に勤め、
約7年間販売員として勤務してきた私が思う
【アパレル業界のあるある】
についてお伝えしていきます!

誰もが憧れたことのある
“ショップ店員”

「女ばかりで大変そう」
「忙しそう」
という不安点もあれば
「洋服が安く買える!」
「可愛い洋服が着られる!」
などなど

メリットもあればデメリットもあります!

これからアパレル関係で働きたい人へ‼︎
あなたの就職・転職にぜひお役立てください★

どんな仕事をするの?


〈引用元:https://job.dmkt-sp.jp〉

「アパレル」と言っても様々なお仕事があります!
パタンナー、バイヤー、生産管理、アパレル事務、VMD、プレスなどなど…

今回は、中でも一番身近な
「販売員」についてご紹介します♪

1.接客

まずはどこの店舗でも
必ず接客をしますよね!
お店によっては「個人ノルマ」がある店舗もあります。

「ノルマなんて達成出来ない!!

と、初めは自信がありませんよね。
私もそうでした。
もちろん未経験の人に
いきなりノルマ達成しろ
とは言わないはずです!

初めは、手の届きそうな目標から始まります♪
どうやったらノルマが達成するか
接客の方法を教えてもらいながら
お仕事をするのでご安心ください♪

2.在庫管理

文字通り、商品の在庫が
どのくらいあるのかを管理します!

管理と言っても、倉庫(ストック)に
ずっといる訳ではありません♪

ほとんどのお店では
パソコンなどで管理しているので
データを見ればすぐに分かります!

お客様に
「他のサイズはありますか?」
などの問い合わせを受けた際は
データを確認して伝えれば大丈夫です!

3.おたたみ

お店に並んでいる商品が乱れていたら
キレイに畳んで陳列し直します♪

畳み方はお店によって
決まりがあります!
初めは綺麗にたためなくても
徐々に出来るようになるので
ご安心ください♪

4.問い合わせ対応

お客様から
「雑誌に載っていた洋服はありますか?」
「他の店舗に在庫はありますか?」
「取り置きはできますか?」
などの問い合わせがあった際
スムーズに対応します!

ときには
「洋服に穴が開いてました」
などのクレームを受けることもあります。

お客様から見たら販売員はみんな同じ。
新人かベテランか分かりません。
どんな対応にもスムーズに
受け答え出来るのが理想的ですね♪

もちろんですが
分からないことを曖昧に答えるのはNG!

「少々お待ち下さい」
と伝え、先輩に確認して
指示を仰げば問題ありません♪

5.レジ対応

商品が売れたら、レジでお会計です♪

金銭の授受が発生するので、
ここは絶対に間違えてはいけません!

レジの種類はお店によって異なります!

しっかりレクチャーしてから
レジ業務に入るのでご安心ください♪

ギリギリ?ぶっちゃけます!

おおまかに5つのお仕事内容を紹介しました!
もちろん他にも業務はたくさんあります!
ショップ店員はただお店に
立ってるわけではありません(笑)

ここからは
こんな事言っていいのかな?
と思うようなギリギリの範囲で
ショップ店員経験者なら共感できる
「あるある」トークで
マイナス面とプラス面を
ご紹介します♪

マイナス面

1.女だらけの職場
多くの女性は、やはりここが
一番気になるのではないでしょうか?

もちろん、私がいた職場も
断トツ女性が多かったです!
やっぱり休憩所で
他の女性スタッフの悪口を
言っている人、います(笑)

(もしかして私も言われてた?笑)

アパレル業界に限らず
職場関係で悩むケースは多いです。

女性とは、思ったことを
周りに共感してもらいたいので
仕方ないでしょうかね…
(個人的な意見です★)

2.洋服代にお金がかかる
店頭に立つ時は
そのお店の洋服を着ますよね!

制服として
貸し出してくれるお店もあれば
社販を利用して自分で
購入する場合もあります!

自分で購入するお店の場合
“自分の着たい服を着れない”
というケースもあります!

店長が
「売りたい商品」
「店舗のイメージ」
を判断し、それを着せられます。

自分の着ている洋服が完売すれば
在庫のある洋服に着替えなければなりません。

そうすると
徐々に洋服代が増えてしまいます…

「私はこんな服着たくないのに‼︎」
「着なくなったらフリマで売ろう」

ぶっちゃけ、そう思っている方
いると思います(笑)

⒊売り上げを横取りされる
立場が低い時は、横取り
される事があります(笑)

私からお声がけして接客してたのに
途中から先輩も入ってきて
気づいたら先輩の売り上げにされている。

「はぁ?」

と思いますが
立場が低いので何も言えません(笑)

プラス面

1.女だらけの職場
これは「マイナス面」
でもあげました!

逆に「女性だらけで良かった」
と思う点も多くあります!
“女性だから共感できる事”
も多かったし
“女性ならではの体調不良”
も理解し合えました!

「あの子にさっきこんな事言われた!」
「えー!ありえないー!」
こんな風に共感してもらえるのも
女性ならではですね(笑)

2.お得な情報を手に入れられる
ずばりセール時期ですね(笑)
店員ならではの情報です。

ぶっちゃけセール期間中に
「この商品はもうすぐ値下げされる」
という情報が入ってきます(笑)

⒊運が良ければステキな出会いがある
たとえ自分の職場が女性だらけでも
同じフロアのメンズブランドの方や
たまに来る本社の男性の方など…

意外と職場恋愛はよく聞きます♪

ぶっちゃけおしゃれじゃなくでも大丈夫★

「私はおしゃれじゃないから自信がない」

と思っていませんか?
“おしゃれなコーディネートを提案する”
だけが販売員の仕事ではありません‼︎
お客様が持っていない情報を伝える
それが販売員の仕事です♪

“おしゃれ”は人それぞれ観点が違うし、
正解も間違いもありません。

そんな時に役立つのが
【素材の知識】です!
だいたい出てくる素材はこちらです↓

素材の名前 メリット デメリット
コットン(綿) 肌触りがよく、吸水性に優れている 水洗いするとシワになりやすく、縮みやすい
麻(リネン) 涼しくて着心地が良い 水洗いすると縮む
色落ちしやすい
毛(ウール) シワになりにくく、温かみのある素材 水洗いすると縮む
虫に食われる
ポリエステル 耐久性があり乾きやすい 吸湿性があまりない
汚れると落ちにくい
アクリル
シワになりにくい
型崩れしにくい
毛玉ができやすい
静電気が起きやすい
ナイロン 軽くて伸縮性がある 吸湿性が低い
ポリウレタン 伸縮性に優れていてシワになりにくい 劣化が早く、だいたい2〜3年が寿命と言われている

洋服に使われている素材は
上記以外にもたっくさんあります‼︎

でもこの7つの素材を勉強するだけで
接客トークに必ず役立ちます‼︎

例えば…
「こちらの商品は、アクリルの素材が使われているので、シワになりにくいですよ♪」

「こちらの商品は、ポリエステルが使用されているので生地がしっかりしていて丈夫です♪」

どうですか?
トレンドに自信がなくても
このような知識があるだけで
だいぶ販売員っぽいですよね‼︎(笑)

お客様からの信頼を得る事で
購入に繋がりやすくなります♪

やってて良かった♪


〈引用元:https://salary-saver.com〉

大変な事もたくさんあったけど
それ以上に楽しかった事のほうが
多かったです!

中でも私が感じたのは

“色んな世代と交流できる“

これが良くも悪くも
いい経験になりました♪

今どきの10代の子たちは
言うこと聞かないし
生意気だけど←(笑)

流行ってる事とか教えてくれて
時代に取り残されずに済みます‼︎

30代の主婦の方たちは
旦那の悪口とか愚痴とか
聞いているとこちらも
スカッとします(笑)

幅広い世代の人と関わる事は
ショップ店員ならではです♪
お客様にも色んな方がいて
時にはお客様から
情報を得る事もあります♪

これからアパレル業界で働きたいあなたへ‼︎


〈引用元:https://lplanners.jp〉

大変な事もあるけれど
それを相談しあえる仲間に
必ず出会えます!

キラキラした業界にいると
自分も美意識が高まり
女性である事を楽しめます‼︎

もし、迷っているなら
ぜひ勇気をだして
チャレンジしてみてください♪