未来

【都市伝説】ディズニーの面白い裏情報とは?

こんにちは!ライターのyukaです♪

突然ですが、世の中には様々な“都市伝説”が存在しますよね!
皆さんの中にも「これ知ってる?」と言いたくなるような都市伝説の一つや二つがきっとあると思います♪

ですが、私は都市伝説が嫌いです。
なぜなら怖いからです(笑)

宇宙人だの、口裂け女だの、陰謀だの…
一体誰が言い始めたの⁈と文句を言いたくなります(笑)

でも【ディズニー】に関わる都市伝説は好きなんですよね♪
ロマンがあって、わくわくします!

今回ご紹介するのは泣ける都市伝説!
「泣ける」といってもちょっと意味が違ってきます。

「これが本当だったらすごい」
「こんな事まで考えられているんだ…」

と、未来を想像するとロマンがあって
感動的だなという意味の「泣ける」です!

今回はMr.都市伝説と言われている関暁夫さんの話を元にしながらご紹介していきますね♪
(引用元:https://eiga.com)

この記事を読んだあとに、あなたもきっとその“映画”が観たくなるはず!

実験的未来都市“トゥモローランド”


〈引用元:https://movies.yahoo.co.jp〉

皆さん「トゥモローランド」という映画をご存知ですか?

2015年6月に公開された、ジョージ・クルーニー主演のミステリーアドベンチャー映画です!

この映画はあのウォルト・ディズニーが、未来への夢を記した資料をもとに制作されたものなんですが、実は色々なメッセージが隠されているんです!

“映画とは”

この映画の設定は
「ディズニーランドは、本物の実験的未来都市“トゥモローランド”を隠すために存在している」です。

設定といえど、本当っぽくないですか?(笑)

実は“映画”とは新聞やテレビでは言えないメッセージを伝える機能とされているんです。
ただ単純に、エンターテイメントを届けたいんじゃないんですよね。
(あくまで“都市伝説”です★)

よって、映画とは意図的に制作されているものであり、私たちはそのメッセージを読み取らなければならないのです!

「トゥモローランド」の映画に関しては、“未来に起こる事が含まれていて、それに備えておくための私たちへのメッセージが伝えられている”と捉えるとわかりやすいかもしれません。

この映画では、【ウォルト・ディズニーをはじめ、アインシュタインやエジソンといった歴史的人物がある秘密結社を構えた上で実験的未来都市を作り出した】と語られています!

でもこれが本当だったら…?

第二次世界大戦前、戦争中、戦争後にも関わらず、この偉人たちは世界中を飛び回っていたんですよ。
なんでだと思いますか?

それは「陰謀活動と一体化していたから」なんです。

出ました、「陰謀」(笑)

で、そのメンバーの中にウォルト・ディズニーもいたんです。
だからこの映画を通してなにかのメッセージを伝えようとしているんですね。

メッセージを読み取る

この映画は当時、公開情報が限定されていて、写真も数枚ずつしか公開されていなかったんです!

実はそれが「読み取れ」という合図であったと言われています!

公開された情報の中で、主演であるジョージ・クルーニーが何かのインタビューに受け答えているような写真がありました。

その写真には、数々のモニターをバックにジョージ・クルーニーが座っています。
そして写真の左下のモニターにはある数字が羅列されてあり、左上には“100%”と表示されたモニターがあります。

実はこの写真が、「全世界のハッカー」へ向けたメッセージだったんです!

一見、なんの変哲もなさそうなインタビューシーンなのですが、優秀なハッカーはこれを暗号と読み取り解読していたのです。
どんなメッセージだったかは分かりません。

一体なぜそのようなやり方で、どんなメッセージを発信しているのでしょうか?

ネット社会の現代

映画「トゥモローランド」では、“なにかのメッセージ”を伝えようとしています。
ですが、これは「陰謀」に関わる内容がおそらく含まれている為、ハッキング被害にあった場合大きな致命傷になりかねなかったのです!

様々な企業がハッカーを雇っているのと同じで、その被害を防ぐ為、さらに優秀なハッカーをこの写真1枚でヘッドハンティングしていたのです‼︎

なんだか、事が大きくなっていますよね(笑)
それほどこの映画には何か重大なメッセージが隠されているという事なのでしょうか。

“イッツ・ア・スモールワールド”は未来への入り口


〈引用元:https://travel.watch.impress.co.jp〉

この映画の中で、「イッツ・ア・スモールワールド」は「トゥモローランド」への入り口という設定になっています!

「イッツ・ア・スモールワールド」と言えば、ディズニーランドにあるあのアトラクションを思い浮かべますよね!
私もあれ好きです♪

実は「トゥモローランド」の映画が公開される頃、ディズニーランドの「イッツ・ア・スモールワールド」は改装工事がされていた事をご存知でしたか?(2018年にリニューアルオープンしてます)

なんというタイミング‼︎

これについてMr.都市伝説は
「もうすぐ何かが起こるんだよ」
とコメントしていたのです!

確かに映画に合わせて改装工事を行なっていたとしたら…
一体ディズニーは何を計画していたのでしょうか?

そして、その情報は
“自分の身を守る知恵として知っておくべき”
とMr.都市伝説は伝えていました!

「何から身を守るんだ?」
と思う人もいるかと思います(笑)
実際私も深くは理解できていないのです。なぜなら、話がかなり難しくて理解するのに時間がかかるからです(笑)

人生の選択肢

映画は“メッセージを伝える機能”と言われると、今後の映画の見方が変わってきますよね!

関暁夫さんによると今は、これまでに隠されていた事がどんどん出てくる時代なんだそうです!

例えば映画の中で、
宇宙から何かがやってきたストーリーや、月や火星などの惑星が舞台となったストーリーなど“映画だからこそ再現できる”物語って多いですよね!

もしその映画の話が現実になったら…?

地球外生物を目の当たりにした時、
「あ!これ映画で見たことある!」
って思いますよね!

逆に、そういう物語を一切見ていなかったら
「UFOってなに?」
「エイリアンってなに?」
と、私たちはきっとパニックになります!

(どっちにしろパニックになる気がしますが笑)

そうならないよう私たちに“免疫”をつける目的で、宇宙や地球外生物の話が映画で多く見られるのです。

…えぇぇぇ?!

って思いますよね(笑)
あくまで“都市伝説”ですので、
ただのエンタテイメントとしての物語かもしれません(笑)

ただ、未来の情報を正しく知って、自分の子供に選択肢を与えるべきだと関暁夫さんは伝えています!

私たちは誰かが作り出した道を歩かされているかもしれません。
それが“支配”されているのか“管理”されているのかは分かりません!

そしてウォルト・ディズニーさんはその選択肢を私たちに与えようとして「トゥモローランド」を計画したのではないかと考察されています!

最後に


〈引用元:https://www.fashion-press.net〉

トゥモローランドのような“未来都市”を創り出そうとしても、どんなクリエイターだろうがそう簡単に未来予想図は描けません。

ウォルト・ディズニーはあらゆる諜報機関とコンタクトをとっていたからこそ、計画を立てられていた可能性があります。

そんなウォルト・ディズニーさんって、きっと相当貴重な存在であり、“優秀”な存在ですよね!
“優秀な遺伝子”は冷凍保存されていると言われています。

「ディズニーランドに冷凍保存されている」という都市伝説を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?

実は本当にあるのかもしれません。

まとめ

私はこの話を聞いた時「すごい…!」と思いました!
映画で見てきた世界が現実になるかもしれないと思うと、ワクワクするし、なんか全てがつながっているなーと感動すら覚えます!

私たちが今生活しているこの人生が、誰かによって“予想された未来”だとしたら…

これを「ロマン」と呼ぶのは人それぞれですが、こういうワクワクする都市伝説だったら色んな人に話したいなって思います♪