パパ

子供の血液型っていつわかるの?いつどこで調べれたらいい?費用や内容もご紹介!

 

子供の血液型っていつ分かる?

こんにちは!ライターの生野です!

子どもの血液型は生まれてすぐに知りたくなるものですが、出産後すぐにはなかなか断定できないのが一般的です。では、いつ、どのタイミングで正しい血液型がわかるのでしょうか。そのタイミングを一緒に見ていきましょう!

まず、血液型を知る機会は人それぞれです。例えばアレルギー検査で採血したからついでに血液型も見てみよう!と考える人や、全く採血がない人だともっと遅くなるかもしれません。

中にはこんな人もいます!

『上は4歳半でまだ調べていない。下は緊急入院したときに血液検査したけど、聞かれなかったから調べてもらえなくてまだ分からない。ちなみに2歳 』

『うち10歳だけどまだだ。先生に「ついでに調べたら?」と言われて、ついでがいまだにない』

『私の子どもが通う小児科の医師は「何かで点滴するときに調べるから、わざわざ痛い思いをさせなくてもいいよ」という医師なので、2歳5ヶ月になりますがまだ、不明のままです』

などのお声があります。

私がびっくりしたのは10歳でもまだ調べて無いんだ!って思いましたね笑

でも、よく考えてみてください。10歳で血液型が分からなくても全然問題になってないですね!次は調べるときのタイミングを調べてみましょう!

いつどこで調べればいい?

起きてほしくないことですが、万一お子さんに輸血が必要な事態が起きた時のため、血液型を知っておきたいと思うママ・パパもいるかもしれません。

しかし、必ずしも調べる必要はありません。なぜなら、輸血や手術などの医療処置が必要になった場合は、保護者の記憶などに頼るのではなく必ず事前に血液型検査をするからです。

そんなことはさておき、ここからはいつどこで調べればいいのかを見ていきましょう!

抗体が産生され始めるのは、生後6ヶ月ごろからです。その後、3歳頃になると赤血球膜上の抗原や抗原の強さが成人と同じくらいになってくるため、血液型の判定は4歳以上が望ましいとされています。

ただ、抗原や抗原の強さには個人差があるので、確実な判定には小学生以後の血液検査が推奨されているのです。

赤ちゃんの血液型を知りたいという場合、かかりつけの医療機関などで調べてもらうことは可能です。ただし、赤ちゃんの血管は見えづらく、何度も針を刺すことになる可能性もありますのでご注意を。

なので、血液検査を受ける際は小学生以降の方が子供的に助かりますね^^;                   何度も注射を刺されるのは体力的にも精神的にもきついですね。次は費用についてです。

費用について

治療を前提とした検査ではなく医学的な必要性がないことから保険はきかず、費用は全額自己負担です。医療機関により異なりますが、数千円程度のことが多いようです。

しかし、アレルギー検査と同時に行い、治療が必要な場合は3割負担の5千円で受けることができます。内科・小児科・皮膚科などで検査を受けられます。

子供の血液検査は焦らなくても大丈夫!

日本で血液型を知らなくて困るのは、血液型占いのときだけ(^_^;)事情があれば別ですが、特にすぐに血液型検査をする必要はありません。

例えば子どもがお友達との会話で血液型を知り、血液型も含めて自分のことをもっと知りたいと考えたときや、献血に協力したいから血液型を知っておきたいと思うようになったときなど、子どもが「自分の血液型を知りたい」と思ったタイミングで検査をするのもいいかもです。

すぐに血液検査をしないと!!と焦る必要は無かったですね!なので子供が知りたい!と思った時や、何かしらの理由で必要な場合は子供と話し合い、決めていくのがいいと思います。

なぜ生まれた時に血液検査をしないのか?

1歳頃までは、その検査結果が安定しません。抗原の反応が弱かったり、抗体が十分にできていない等の理由で、血液型検査の度に異なる結果が出るため、正確な血液型が測れないとされています。これが、現在出生時に血液型検査を行なっていない理由です。

抗体がないと正確な血液型が分からないので、検査をしても意味ないということが分かりましたね!やはり、すぐに検査をするのではなく、最低でも1歳くらいは待った方がよさそうですね!

まとめ

・すぐに血液検査をしなくても大丈夫だと言う事がわかりましたね!10歳でもまだ分からないっていう人もいましたので!

    ・どうしても知りたい場合はかかりつけ医(いつも通っている病院)に行き、検査をしてみましょう!
    ・もし、血液検査を受ける場合は子供の受けたいタイミングで受けるといいと思います!
    ・最低でも1歳くらいまでは血液検査を受けない方がいいということがわかりましたね!それは、ちゃんとした抗体が出来ていなくて、正確な結果が出ないからでしたね!
    ・費用は高くても数千円(地域や病院によって変わる)だということが分かりましたね!これなら気軽に血液検査を受けることができますね!(^_^)