問題解決

花粉症を緩和させるおすすめ食品5選

こんにちは!あおいです(^^)

いよいよ花粉症の時期がきましたね~。皆さんは花粉症は大丈夫ですか?

私はなんと中学生からもう何年も花粉症を患ってます(;∀;)

2月くらいになると春の訪れを喜ぶ気持ちと、花粉症の時期がくるので「そろそろか~」と
毎年複雑な気持ちになります”(-“”-)”

花粉症歴十何年の私が、花粉症でつらい人におすすめするのは、もちろん「お薬」です。
薬さえあれば怖いもんなしなので、もし花粉症で悩んでいる方がいらっしゃればお薬を飲むことをおすすめします。そういえば、昔は注射でしたが、いまは薬が主流な気がしますね。。(‘;’)

お薬は即効性があるので、つらい思いをするくらいなら我慢せず飲んだほうがいいというのは持論なのですが、とはいっても、少しでも自然に体の調子がよくなったらもっと嬉しいですよね。そこで、花粉症緩和に効く「食品」についてお伝えしていきたいと思います。

腸内環境を整えよう

花粉症の緩和にも免疫力アップが欠かせません。免疫力といったら、「腸内環境」ですよね。私たちの腸には免疫細胞の約70%が集まっていると言われています。

そのため、腸内環境を整えてくれる食品を積極的に摂取していくと、症状緩和にも効果的というわけですね。

ではでは、腸内環境を整えてくれる食品の代表といえば

  • 発酵食品
  • 食物繊維
  • ビタミン

です。

いづれも腸内環境を整えてくれる代表格。腸には多種多様な細菌が存在していていることが大事です。いわゆる腸内フローラというものですね。細菌の代表的なものが善玉菌、悪玉菌、日和見菌と言われるものです。

善玉菌、悪玉菌は皆さん聞いたことある方多いのではないでしょうか。日和見菌というのはあまり耳にしない言葉かなと思うので、簡単に説明しますね。日和見菌は、簡単に言うと善玉でも悪玉でもない細菌のことです。

加齢やストレス、生活習慣によって腸内フローラはバランスを崩し、悪玉菌が増えていってしまったりします。これを正常な腸内フローラに戻すためには、意識して善玉菌と善玉菌のエサとなるものを増やしていくことが大事といえますね。

そこで、先ほどの食品が登場します。

花粉症の症状緩和に効果的な食品

発酵食品

発酵食品には、乳酸菌やビフィズス菌、酵母菌、麹菌などの善玉菌が含まれています。そのため、継続的に食べることで効果を発揮してくれます。また、乳酸菌には免疫の過剰反応を抑えてくれる役割があるため花粉症の症状緩和に効果的です。

発酵食品の代表といえば、ヨーグルト、ぬか漬け、納豆、キムチ、お味噌、チーズですね。

そして、これらを積極的にとると同時に、善玉菌のエサになるものも一緒にとっていくと効果ががもっと増します。善玉菌のエサとなるのが「食物繊維」と「オリゴ糖」です。これらを多く含む商品はこちら。

食物繊維を多く含む代表食品
  • ごぼう、人参、おくら、ブロッコリー、ほうれん草、れんこん
  • 納豆
  • さといも、こんにゃく
  • 海藻
  • きのこ
  • 果物
オリゴ糖を多く含む食品
  • 玉ねぎ、ごぼう、ねぎ、にんにく、アスパラガス
  • バナナ
  • 大豆

などがあります。

ビタミンD

ビタミンDは骨を丈夫にしてくれ、免疫を調整する働きもあるそうです。

ビタミンDが豊富な食品
  • 干しシイタケ
  • 干しきくらげ
  • イワシ、シラス、紅鮭、スモークサーモン

太陽光を浴びると体内でビタミンDが生成されるため、適度に太陽の光を浴びるのもいいですね。

さらに、花粉症の症状緩和に効果的な食品は「青魚」「チョコレート」「梅干し」があります。

鯖・イワシ

これらの青魚にはエイコサペンタエン酸ドコサヘキサエン酸(DHA)が含まれています。
これらの成分はアレルギー症状を引き起こすロイコトリエンという成分の放出を抑える作用があります。

チョコレート

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには花粉症を緩和する効果があると言われているそう。カカオポリフェノールには花粉を攻撃するIgE抗体ができにくく、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンが放出されにくいため、花粉症が悪化しにくいと言われているそうです。

ただ、市販のチョコレートだと、砂糖が多いため、カカオ70%以上のものがおすすめです。

梅干し

梅干しに含まれるバニリンがアレルギー症状を抑えると言われているそうです。食べる量は1日1個が目安。

おすすめレシピ

鯖の味噌煮

青魚の鯖に、発酵食品の味噌を使った和食の定番。

レンコンのきんぴら

食物繊維たっぷりのごぼう、人参に、食物繊維、ポリフェノールなどもたっぷり含まれるレンコンを加えた一品。

いわしの梅じそフライ

青魚のいわしに、梅干しとシソをまぜてフライにしたごはんがすすむ一品。

人参・リンゴのスムージー

若返り効果もあると朝におすすめのスムージーで手軽に免疫アップ&美肌。

バナナヨーグルト

バナナにヨーグルトをかけるだけの簡単メニュー。朝ごはんにもいいですね。

 

和食のメニューが中心ですが、この時期だけでも積極的に摂取して花粉にまけない体つくりをしていきましょう。

まとめ

花粉症の症状改善のためには、腸内環境を良くすることとアレルギー症状を抑えてくれる成分が含まれる食品を摂取していくことが大切です。

免疫力を高めることは、この時世もはや必須ですね。免疫力には「腸内環境」「善玉菌」「発酵食品」「食物繊維」「ビタミン」このキーワードを覚えておきたいですね(^^)

また、私は日々「お肉」を食べることが多いのですが、「お魚」を今年はより意識して摂取していこうと思っています。

そう考えると、納豆やお魚などザ・和食というのはやはり私たち日本人の体には大切といえそうです。

花粉症だけに限らず、免疫力アップのために、積極的にこれらの栄養素を摂っていきましょうね。

それではまた~(^^)/