料理

安上がりなのにこんなに美味しい♪【自宅で作れる絶品アイスレシピ4選】

 

さて、いよいよ真夏の暑さがすぐそこまでやってきていますね!
無性に冷たいスイーツが食べたくなるのは私だけではないはず…

こんにちは!ライターのかみひさです。

夏のデザートといえば、アイスですね。コンビニやスーパーでついつい手が出てしまうアイスクリーム
実はこのアイスクリーム、お家で簡単に作れるって知っていましたか?
今回は、お家で手軽に安く美味しく作れるアイスクリームのレシピをご紹介させていただきます!

アイスクリームのレシピ

牛乳と卵のアイスクリーム

最初にご紹介するのは、昔ながらのシンプルなアイスクリームです。
牛乳や卵の風味を感じる、優しい味わいのアイスクリームです。

材料
牛乳    ・・・300㎖
卵黄    ・・・3個分
生クリーム ・・・100㎖
砂糖    ・・・75g

手順
1.ボールに卵黄と砂糖を入れ、泡だて器でしっかりと混ぜ合わせます。砂糖が溶けて混ぜ続けると少し白っぽくなるので、そこまで混ぜます。
2.鍋に生クリーム、牛乳を合わせ火にかけます。鍋の周りがふつふつと湧いてきたら1の中に泡だて器で動かし混ぜつつ、少しずつ加えていきます。
3.アイスの素がよく混ざったら容器に移して、粗熱を取ったあと冷凍庫に移します。この時、蓋があれば蓋をし、なければきっちりラップをかけてから冷凍しましょう。
4.2~3時間で容器の周りが固まってくるので取り出し、スプーンを使って全体をかき混ぜます。その後は30分おきくらいに同じようにかき混ぜます。
これを2~4回繰り返すとなめらかな食感に仕上がります。
お腹が減って我慢できない!という方もせめて2回繰り返すまでは我慢しましょう。

抹茶の粉や、すった胡麻1.の段階で混ぜれば、抹茶アイス胡麻アイスも出来ちゃいます!この時のポイントだまにならないようしっかりと練り混ぜることです!

豆腐のアイスクリーム

こちらは豆腐を使ったアイスクリームのレシピです。

糖分が気になったり乳製品や卵アレルギーだったり買いだめして使いきれず豆腐の賞味期限が迫っている方におすすめです。

材料(2人分)
豆腐(木綿でに絹でも)  ・・・150g
メープルシロップ     ・・・50g
油(癖のない食用のもの) ・・・50g
塩            ・・・ひとつまみ
バニラエッセンス     ・・・10滴

手順
1.豆腐は水気を拭き取り、他の材料と一緒にミキサーで滑らかになるまで2~3分混ぜる。
2.容器に1を入れ、蓋があれば蓋をし、蓋が無ければしっかりラップをかけ冷凍庫で冷やして出来上がり♪

食べる時は10分ほど室温においておいた方が美味しくいただけます。
こちらも抹茶胡麻を加えて作れば、抹茶アイス胡麻アイスになりますよ。

マシュマロで作る♪超簡単アイス

続いてマシュマロを使ったアイスクリームす。食べたい時に食べたいだけ!思い立ったらすぐ作れる魅惑のアイスのご紹介です。

材料
マシュマロ ・・・20g
牛乳    ・・・70㎖

 

手順
1.マシュマロと牛乳を大きめの耐熱容器に入れ、ふわっとラップをして電子レンジで1分。
2.混ぜて全体を溶かします。溶けにくいようなら更に1分加熱。
3.2を粗熱が取れたら冷凍庫へ入れて冷やす。30分~60分すると半分くらい固まるので全体をよく混ぜる。
4.更に30分~60分冷やして全体が固まればよく混ぜて出来上がり♪

このままだと、ほんのりマシュマロの味になりますが、ジャムを混ぜることにより色んな味が楽しめるという簡単かつレパートリーも優秀な1品です。

冷凍不要!はちみつミルクアイス

アイスを食べたいと思った時に、いざ作ってみてたとしても冷凍庫に入れてから数時間待たないといけませんよね。「明日のお楽しみに取っておこう♪」なんて悠長に待っていられない!というせっかちさんにおすすめのアイスクリームです。

材料(2人分)
牛乳   ・・・200㎖
はちみつ ・・・大さじ2
氷    ・・・適量
塩    ・・・適量

手順
1.耐熱容器に牛乳50㎖とはちみつを入れて、電子レンジ500wで約40秒加熱して、はちみつを溶かす。残りの牛乳も加え混ぜジッパー付きの袋に入れて空気を抜きながらジッパーを閉める。
2.一回り大きいジッパー付きの袋に氷を半分ほど入れて、塩を入れて揉みながら軽く混ぜる(分量としては氷:塩が5:1くらい)
そこに1を入れて、外側のジッパーをしっかり閉める。
3.タオルでくるんで、振ったり揉んだりすると5~10分ほどでアイスクリームが出来上がります。

牛乳をそのままらせると水分が分離してジャリジャリになりますが、このアイス撹拌しながらっていくので、なめらかな食感になります。
なぜ冷凍庫を使わず凍らせられるかというと、が混ざると周りからをどんどん奪っていくという現象を利用しています。この時、牛乳は0度以下に下がっていくのでるというわけです。
タオルでくるむのは、低温やけどを防ぐためなので必ず巻いてくださいね
早くアイスを食べたいせっかちさんに限らず、お子さんの夏休みの自由研究にも使えそうです。
肝心な味の方ですが、なめらかな食感でさっぱりとして優しい味のミルクアイスです。

最後に

アイスクリームというと作るのが難しいイメージですが、普段から家にあるものを使って簡単に手作りできるスイーツです。お子さんと一緒に作ってみても喜んでもらえそうですね。
手作りアイスクリームで、これからの時期を美味しく乗り越えていきましょう♪

最後まで、読んでいただきありがとうございました!