在り方・考え方

思い通りにいかないときの黄金の処方箋。

こんばんわ♪ちーちゃんです!

今日は、仕事でうまくいかないことがあって、落ち込んでます。。。もう撃沈😭

そうそう、私は行動することが多い分、その分失敗うまくいかないことばかりなんです。

めちゃくちゃに怪我をします。もう骨折レベル!(笑)

小学校の時はエースポジションにいたのにも関わらず、バスケの顧問の先生に誘われ、
調子に乗って(笑)やったこともない未知のバスケ部に入部しました。
3年間スタメンに選ばれることもなく、、
活躍する後輩たちを必死にうちわで仰いだり、水分補給のお茶汲み係。

隣のコートには私が活躍するはずだったバレー部。その練習の姿を遠目からぼーっと見ながら、
「あのポジションには私がいたはずなんだろうなぁ。。なんで、後輩たちのお茶汲みなんてやってるんだろう、、なんで、バスケ部なんかに入っちゃったんだろう。。。」

私がバレー部ばかりを見ているので、顧問の先生からは怒られ。。

「そもそも先生が入れって言ったから入部したんですけど!!怒
ほんとこの先生ありえんわ!」と怒ってました。

でも、

 

自分で選んで入部して、何より自分の実力のなさに本当に嫌気がさしているという思いが一番強かったのかもしれません。

 

 

そして、高校の入試は落選。大好きな先輩に「先輩と同じ部活に入ります!!」入学の決意を告げていたのに、、、あんなにロープレしたのに、、試験勉強もしたのに、、

思い返せば私の人生は失敗だらけです。

 

 

でもそれ以上に実はめちゃくちゃ得たものが大きいんです。

バスケ部に入部したことで、裏方の大変さを実感しました。
裏方の人の支えがあって、初めて
選手が力を発揮できるってことがわかりました。
ずっと裏方で、ひたすらお茶汲みや掃除。同じチームだから、後輩たちも関係なく応援する。

バレー部にいたら、常にみんなからチヤホヤされて、こんな経験出来なかったんだろうなぁ。。やってくれて当たり前!な感じになっていたんだろうな 考えただけでも恐ろしい、、

この経験から表の選手も裏方も全員ふくめてチームだということを実感しました。
辛い3年間でしたが、裏方に感謝ができるひとになろうと思いました!
あっ!バスケ部のおかげで、めちゃくちゃ体力がつきました!走る量が半端ない、、体力テストの成績もめちゃくちゃよかったです!
あと、親友えっちゃんとの出会いもありました♪えっちゃんのおかげで、中学校生活やりきれました泣  えっちゃんありがとね😁

高校入試には失敗しましたが、
私は高校生活が1番楽しかったです!本当にやりたいことに没頭し、面白い仲間や素敵な先生に出会い、そのおかげで、幼稚園の先生になることができたんです!

この高校に入っていなかったら、おそらく幼稚園の先生にはなっていなかったと思います(~_~;)

そしていままでの辛い経験がなかったら、今の私は出来上がっていませんでした。。

ここで言いたいのは、思い通りにいかないときは

起きたことの意味付けを変える!

この出来事は私に何を教えてくれてるの?どんな意味があるのか?
のりこえたら必ずいいことあるからね!と自分に言い聞かせる(笑)←これほんと!!

失敗は失敗じゃなくて、成功の種だってことを私は体験しているので、

私に子どもが生まれたら、なんでもチャレンジしてほしいし、

教え子が、「ちあき先生、〇〇にチャレンジしたいと思うんです。」と相談にきたら、喜んで背中を押します!!!到底無理そうなことだって、どうしたらできるか一緒に考えます!!

意味づけを変えたら、どんなことだって素晴らしい宝石に変わります!

絶対無駄なことは起きません!あなたにとって最善で最適なことしか起きません!

私も今の落ち込みを原動力に変えて頑張ります💪

行き詰まったとき、ぜひこの処方箋を思い返してみてくださいね!

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました!