help

しつけに悩んだら見る指標。

こんにちは!ちーちゃんです✨

冬なのにとても暖かいですね!

私は冬生まれですが

寒がりなので、とても有難いですが、

2月になったら、突然寒くなるのではないか!!若干ビクビクしてます笑

さて!今日は、しつけに困ったときに私が見ていたものをご紹介します!

私が指標にしているエリクソンのライフサイクルモデル。

私はこれを学んでから、子どもたちに何かを伝えるとき、叱るとき、
何かの活動を考えるとき、迷ったときは、これをひとつの指標にしていました。

みなさんにもシェアします!

人生には8つのテーマがあり、年齢別に獲得したい課題があります。

1、0〜2歳は基本的信頼の獲得
2、2〜4歳はセルフコントロールを獲得
3、4〜7歳は自主性
4、7〜12歳は勤勉性の基礎作り。友達との様々な共有体験
6、13〜22歳はアイデンティティの形成
7、23〜35歳は家族と同僚とのむすびつき
8、36〜55歳は世代性を生きること。引き継ぎと引き渡し
9、56歳〜人生の統合。人生に感謝が出来るか

エリクソンは言います。発達に飛び級はないと。

この指標どおりに歩む人はいませんが、今起こっている問題があるとしたら、
その背景に、人生のどの時期のつまずきがあるか、 この指標と照らし合わせると
私自身、色々な方のカウンセリングをしていく中で分かってくることがあります。

単純な正解はありませんが、どう支援すればいいのかがなんとなくわかってきます。
何か迷ったとき悩んだときに、お役立ていただけたら幸いです!

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました!