保育士・幼稚園の先生

【先生へ】子どもを子ども扱いしないこと

こんばんは!ちーちゃんです!

今日は、先生へメッセージです。

よくこんな質問を受けることがあります。

〝ちあき先生はどうやって保育してるんですか?なぜそんな人気があるんですか?〟

〝私も子どもたちに一生の先生って言われたいですが、どうやってやればいいんですか?〟

その質問に答えてみたいと思います。

私が先生時代に心掛けていたこと。

子どもを子ども扱いしない。

子どもの方が本質的です。
言葉では表現出来なくても、しっかり見ています。
表面では分かりづらいですが、ちゃんと伝わってます。
だから、表面上のスキルより、本質を見抜く彼らを相手にする先生にとって必要なのは、人間力です。
言葉では上手いことを言っていても、内心そんなこと思ってもなければ、子どもは
心で感じてしまいます。彼らの前で嘘をつくことは不可能です。見抜かれるどころか、あなたに対しての信頼を無くし、不安にさせてしまいます。
子どもたちは心友です。
私はずっとそう思って、子どもたちに接してきました。
子どもたち=心友ならば、どのように接し、どのようなことばをかけるでしょうか?
私は、高校生になった教え子ともそのお母様とも
当時と今も変わらず、仲の良い関係が続いています。
彼らが大人になった時には、志を共にするビジネスパートナーになりたいと思ってます^ ^
子どもたちと接する時には
親友と接するかのように接してみてください。
自然とあなたの周りには子どもたちで溢れ、子どもたちにとって、一生の先生になるはずです!
仲間がたくさんいる人生は素晴らしいです!
あなたの人生がより豊かになることは間違いなし!
ぜひやってみてね! 
詳しくやり方を教えてほしい。知りたい方のセッションお申し込みはこちら!
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=aqHSvcg
今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました!